肌荒れに関する情報が満載!

気になる乙女の肌

肌荒れを起こす可能性のある洗顔方法と対策

誰しも洗顔をする時は肌にいい事をしていると思っているはずです。
そのため肌荒れになっても原因が掴めず、方法を改善できないケースも多くあります。
たとえば毛穴を開く目的であえて熱いお湯を使っている場合、お湯の温度をぬるめに設定したほうが肌荒れ予防になります。
人肌以上の温度だと肌に必要な皮脂まで奪う危険性があるためです。
また顔を洗う時に使用する洗浄剤の泡立て不足も、気づかないうちにやってしまいがちな肌荒れの原因です。
肌を強くこする行為が肌荒れのリスクを高めることは多くの人が知っていますが、洗浄剤の泡には汚れを落とす以外にも肌と手のひらの間で起こる摩擦を弱める役割があります。
泡立て不足だと摩擦が十分に軽減されないため、肌を傷つけてしまう可能性が高くなります。
手のひらで洗浄剤をきちんと泡立ててから使うようにしましょう。
自分で泡立てるのが苦手な人は最初から泡立った状態で使用できる商品を買うのも手です。
そしてそんな大事な役割を持っている泡も肌の汚れを取りこんでいるため、長い時間肌の上で放置するのは危険です。
一分から一分半を目安に洗顔を終えるように心がけましょう。

洗顔をしないと肌荒れする

 女性は毎日メイクをして会社に行く方が多いです。
ファンデーションを夜にしっかりと落とさないと毛穴に汚れが溜まります。
そのことが原因で肌荒れしてしまうことがあります。
学生の時は肌荒れしたこともないのに、社会人になってからニキビが出来たりするなら、汚れが落ちているのか考えてみましょう。
クレンジングをしてから、しっかりと洗顔をすることが大事です。
朝と晩の2回は必ず洗顔をしましょう。
夜に面倒になってメイクを落とさずに寝てしまうと、肌荒れの原因となります。
どんなに疲れた日でも、飲み会の後でも必ず顔を洗いましょう。
肌荒れしている時には、低刺激の洗顔料を泡立てて、キメ細かい泡を作ることが大事です。
ゴシゴシと擦らないようにして、ゆっくりとマッサージするように洗いましょう。
5分位の時間をかけて丁寧に顔全体を洗うのです。
一番大事なことは、泡を残さないように水で洗うこととなります。
洗い残した泡が付いていると、肌が荒れる原因となることがあります。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/11

Copy Right (C) 気になる乙女の肌 All Right Reserved